昭和23年小田農機具店で開業
昭和30年小田農機商会に改名
昭和43年株式会社大山機械と改名 資本金400万円
一般農業機械及び高級婚礼家具の販売を始める
株式会社今間製作所の協力工場となり農業機械部品の組立を開始
昭和44年コンマ ハーベスタ 機種別全国優勝
昭和45年コンマ農業機械総合優勝 
コンマ ハーベスタ 機種別全国優勝
昭和46年農業機械部品の加工開始
昭和56年鶴岡ブレーキ株式会社の協力工場となり自動車部品の加工開始
昭和58年オリエンタルモーター株式会社の協力工場となり精密小型モーター部品の加工開始
昭和60年株式会社大山機械増資をおこない、1,000万円とする
旭エンジニアリング株式会社の協力工場となり産業用省力機械の組立開始
昭和62年株式会社林栄社の協力工場となり製版機械の組立開始
昭和63年精密小型モーター部品専用工場として鶴岡鉄工共同工場内に第二工場設立
平成3年鶴岡鉄工団地内に土地取得 2750㎡
平成4年増資をおこない、資本金を2,000万円とする
平成8年鶴岡鉄工団地内に組立工場を新設
平成28年増資をおこない、資本金を2,540万円とする
令和1年鶴岡鉄工団地内にダイカスト及び粉体塗装専用工場を第3工場として竣工
令和2年第2工場を機械加工専用工場として全面改装